FXの特徴についての紹介の記事となります。

FXの特徴についての紹介の記事となります。

FXの特徴についての紹介の記事となります。

 

FXは外国通貨為替売買のことを表しておりません。株と似ている部分もありますが、特徴が全く違います。どちらがおすすめというと人によって違うので、一言で表すことはできません。FXはメリット、デメリットがあります。資本金とレバレッジと呼ばれる機能を使えば、金額が大きくなり、ハイリターン・ハイリスクとなります。逆に会社によってはミニコースというものが存在して5000円から始めることもできるようです。そして利益をあげるためには、大きく分けて二つあります。一つは通貨の価値の変動です。もう一つは金利差、スワップポイントと呼ばれるものです。そして機能としてそれを把握、運営するためにテクニカル機能とよばれるものが存在します。それを順を追って説明してまいります。

 

概要でも述べたように、FXは株と同じで、利益もでれば、損失も発生します。両刃の剣と思ってください。通貨はドル、ユーロ、ポンドなどが存在し、これがオーソドックスな通貨になります。ほかにも、ニュージードル、ブラジルドルなどがあります。通貨によって特徴があります。そしてレバレッジです。これは簡単にいえば自分の資本金を仮想資本として上乗せする機能です。これにより少額で資産運用することができます。これがFXと株の大きな違いです。最後に会社によって共通している機能はテクニカルです。通貨(利益→変動・スワップポイント)、ロスカット、テクニカルの3つに分けて説明します。

 

例えば、ドルの価値が120.00円のときに5万円の資産があり、レバレッジ機能を活用して25倍、つまり100万円の資本金を想定して100万円分ドルを購入したとします。このときの変動は000.01の通貨(価値)の変動で50000万円の資本金が100円で変動します。ドルの価値が121.00円になれば1万円の利益、逆に119.00円になれば一万の損失となります。資本金を多くかけ、レバレッジを大きくかければかけるほど、000.01の変動が500円、1000円と大きくなります。これがハイリターン・ハイリスクとなります。そしてスワップポイント(金利差)というものがあります。これは日本ならではの低金利のため、発生する日本独特の機能といってもいいかもしれません。スワップポイントが高い代表国としてニュージーランドがあがります。100万円を購入することにより、一日が経過するにつれて、変動とは別に、必ず60円~70円の利益が発生します。これも資本金・レバレッジをかければかける分だけ、300円、700円と大きくなります。ただし、価値の変動も絡んでくるということを理解してください。あとは国によって変動がはげしかったり(ポンド)世界基準通貨で変動の把握がしやすい(ド

 

2010年に発生したサムプライズ問題のおかげで日本の通貨は一気に円高となり、主婦たちが資本金を一気になくすという問題が発生しました。老後のために貯金していたお金1000万円が一夜にして300万円、二日目には80万円までさがり、かなりの損失となった人もいます。それを防止するためにロスカット機能というものが発生されました。損失発生の防止です。100万円の資本金があれば、簡単にいえば、利益がでているときはいいですが、資本金が100万円以下になったとき、すべての取引を強制終了させるという機能です。これによって損失を防止することができます。

 

どのFX会社でもテクニカルと呼ばれる機能があります。一言でいえば、利益を出すためのツールです。ろうそくと呼ばれるグラフを活用して、10年前までの変動のあし(変動歴)などを確認することができます。スコープ機能(透視)会社に会員している全員が、買いポジションか売りポジションどちらが多いのか把握する機能です。中には一流トレーダーなどもいるようです。このテクニカルをフル活用することが利益がでやすくなります。

 

レバレッジ・テクニカル・ロスカット、利益をだし、損失を発生させないために様々機能があります。しかしそれでも利益と損失、FXを行っている日本人口でどちらが多いのかといえば損失となります。最終的には自分の世界の情勢を知り、成功と失敗を繰り返し、経験を積んでいくことが、FXを行ううえで大事だと思います。