未分類

借入とは人のお金を借りる事

2017年5月12日

借入とは人のお金を借りる事ですから、それなりの手続きが必要です。当然お金を約束通りに返済することはもちろんのこと、金利負担を含めて約束通りに返済をする義務が生じるものです。最近はATMなどの登場によって、どんどんと便利になっていることもあってこの義務が希薄になってきていることがあります。つまり、借り入れが自分の財布のお金のように感じることが出来るようになっているのです。いつでも自在にお金を出し入れすることが出来て、自由にお金を使えるわけですから、まるで自分の財布が増えたかのように感じてしまうわけです。借り入れ限度内であれば、お金を借りるのにいちいち審査をうける必要もありません。そのため、どんどんとお金を使ってしまい、後で返済に困るということがよくおきています。返済に困る頃には金利負担も大きくなっていますし、返済を滞納すれば、遅延金などの罰金を払う必要性も出てきます。これは借入とは人のお金を借りている事だという基本的な認識が希薄になっているから起きたと考えられます。

人のお金を使うにあたっては、当然約束通りに返済するという義務が生じるのですが、この義務を甘く見ていたということです。場合によってはこの義務を感じていないケースすらあります。返済を考えずに使うようなことも出てきています。あまりにも利便性がいいので、ついついて後先考えないで使ってしまうということが起きているわけです。ですが、どんなに利便性が良くなり好き勝手に使えるようなシステムが出来ても、人様のお金を借りて使うということは、それなりに義務を背負うことですから、これは自分のお金ではなくて自由に何をしていもいいものではないものだということを考えて使う必要があるお金だと認識する必要があります。借り入れとは単にお金を借りるということだけではなく、義務を遂行できなければそれなりのペナルティーもあるリスクのあるものだということを知っておく必要があるのです。(借入