未分類

借入の審査って何を見るの?

2017年5月12日

カードローンやキャッシングをこれから利用しようと考えている場合、誰でも心配になるのが審査に通過するかどうかという点ではないでしょうか。金融機関でお金を借りる際には必ず審査がついて回りますが、大手の金融機関であれば審査スピードもはやく最短で30分から長くて一週間程度の日数がかかる場合もあります。なぜ借入するのに審査が必要かというと、それは貸したお金をきちんと返してくれるかどうかという点を重視しているからです。審査では職業、年収、年齢、家族構成などの属性を見て申込者に返済能力があるかどうかを判断しています。次に信用情報の審査に入りますが、これはキャッシングの利用歴やローンなどの情報が信用情報機関に全て保存されていますので、多くの金融機関から借入をしていたり、過去に債務整理をしたことがある場合などは全てわかってしまうのです。

どうしてもお金を借りたいからといって嘘の情報を申告してもすぐにバレてしまいますし、この人は信用できない人だと判断されるので最悪の場合は借入を断られることもあるので必ず正直に申告した方が賢明です。これらの審査をクリアすると最終段階として本人確認の電話が会社にかかってきますので、これをクリアできれば無事に借入をすることができるのです。本人確認の電話は申込者本人が本当に申告した会社に勤めているのかどうかを確認するための電話です。会社にかかってくるといっても業者は会社名を名乗ることはないですし、個人名を名乗ってかけてくるので上司や同僚にも知られる心配はありません。例え電話確認の際に申込者が席を外していたとしても、本人がその会社に在籍していることがわかれば折り返してかけてくるようなこともないので安心して良いでしょう。それでも不安だという場合は、自分で電話を取るようにするか、クレジットカードを作ったから電話がかかってくるかも知れないと事前に上司や同僚に伝えておくと安心です。